パーキンソン病の専門サイト パーキンソン辞典一覧

福岡パーキンソン病診療センター

Fukuoka University Hospital Parkinson Disease Care Center

福岡大学医学部 福岡大学医学部 脳神経内科

ノートパーキンソン辞典・お知らせ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応

新型コロナウイルス感染が拡大しておりますが、パーキンソン病患者さんが新型コロナウイルスに関して気をつけることを確認します。 1.基本的にはインフルエンザ等の感染対策と同じで、人混みを避ける、手洗い、うがいをする。ということになります。手指消毒はとても大事でアルコール手指消毒剤による手指消毒や石けんによる手洗いを行ってください。10秒の石鹸洗いの後15秒流水での洗浄を2度行うことで、ウイルス数……

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応の続きを読む

パーキンソン病はまれでない、しかし怖くない

喫煙習慣:喫煙習慣がある人はパーキンソン病の発症が少ないといわれています。これまでに40を超える疫学調査やメタ解析がありますが、喫煙習慣は約60%リスク軽減の効果があるといわれています。これらの関連は男女ともにみられます。でもほかの疾患のリスクがありますので喫煙は勧められません。 コーヒー・カフェイン:コーヒーには1杯あたり約60mgのカフェインが含まれていますが、コーヒー摂取はパーキンソン病の……

パーキンソン病はまれでない、しかし怖くないの続きを読む

パーキンソン病はまれでない、しかし怖くない

パーキンソン病という言葉は聞いたことはあるけどどのくらいの患者さんがいるのでしょうか?恐い病気なのでしょうか?また何が原因なのでしょうか?パーキンソン病と加齢現象とは違うのですか?どんな治療が必要なのでしょうか? このような疑問がよく脳神経内科外来で患者さんやご家族から聞かれます。現在日本には推定で約20万人の患者さんがいて、特に65歳以上の100人にひとりはパーキンソン病になります。つまりこの……

パーキンソン病はまれでない、しかし怖くないの続きを読む

DBS会議

2019年6月3日に、京都市内のホテルで開催された、DBS Think Tank Eastという国際会議に出席していまいりました。DBSとはDeep Brain Stimulationの略であり、主にパーキンソン病患者さんの外科的治療として有用な治療オプションですが、その他にもジストニアやトゥーレット症候群などの神経・精神疾患にも効果があり、全世界で用いられるようになった治療法になります。今回はフ……

DBS会議の続きを読む

第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス

第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレスが、東京で開催されました。今回は坪井教授のポスター発表に加え、林先生が福岡大学脳神経内科としては初のイブニングビデオセッションでの発表をしました。昨年亡くなられました村田美穂先生の業績をたたえて企画された記念講演や若手向けのパーキンソン病道場など、主催されました順天堂大学脳神経内科の先生方のアイデアが詰まった素晴らしい会でした。来年開催される第14回パ……

第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレスの続きを読む